スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

服従と隷属の違い

犬のトレーニングにおいて『服従』という言葉をよく耳にされると思います。

服従とは・・・命令をよく聞き、素直につき従うこと

では、隷属とは?

1 他の支配を受けて、その言いなりになること。隷従。
2 てした。配下。部下。

犬との信頼関係を築き、守り育んでいくには共感協調の『合意の服従』が大切です。
巷での服従トレーニングは隷属(支配)によるものが見受けられます。
散歩で前を歩かせてはいけない。
人より先にご飯をあげてはいけない。
ベッドやソファーに上がらせてはいけない。
等々、例を挙げればキリがありませんが・・・

そんなことが問題ではありません。
問題なのは強制による支配です。

支配ではなく合意の服従を貴方の愛犬に教え、導ける飼い主を目指しましょう。



 

犬と真剣に向き合う


犬と真剣に向き合う。

犬と真剣に向き合うのに技術は重要な事ではありません。
多少のリード捌きは必要となりますが、ドッグスポーツ(アジリティーやディスク、
訓練競技会等)をされる方ではなく『共に生活する』事で悩んでいる方は
もっと大切な事があります。

【自らを鍛練する】
犬は感覚に優れています。
相手のほんの一瞬、コンマ何秒かの心の機微を察知します。
例えば『他犬に興奮する』事でお悩みの方。
よく「飼い主が慌てると犬に伝わる」という話を耳にしませんか?
その通りです。
飼い主が冷静に対応すれば犬も落ち着いてやり過ごせます。
しかし、冷静を装うだけでは犬も見抜いてしまいます。
本当に冷静になる事ができなければなりません。

愛犬は常に飼い主を見ています。
立ち居振舞いから心の内側まで見ています。

すぐにオタオタしたり、カッとなったり、ネガティブになる飼い主は敬愛されません。
常に自然体で揺るがない、強い飼い主を目指しましょう。


 

犬を迎えるということ

犬を迎えるということ

犬を迎えるということは、命を受け入れるということでもあります。
安易な気持ちで迎えると、不幸な結果になってしまうこともあります。
まず考えてほしいのは・・・
迎えた犬と、どういう生活をしたいのか?
管理するだけの環境が整っているのか?
犬の性質や性格を理解しているのか?
終生飼育できるのか?

十分な運動をさせられる環境も時間もない人が、アクティブな犬を飼ってしまったら・・・
見た目が可愛いというだけで迎え、手に負えなくなってしまったら・・・

そうならないのが一番ですが、そうなった時に飼い主としてどうされますか?
ドッグトレーナーに丸投げしますか?
諦めて我慢して暮らしますか?
飼育放棄しますか?

リスペクトされる飼い主になるという選択肢もありますよ❗
犬は損得勘定なしの無償の愛を与えてくれます。
純粋無垢な生き物です。
その愛情に応えられる飼い主を目指すサポートを、ふぁみりあはさせていただきます。

1408593491361.jpg

 

今日の青空教室♪

今日もタイトル通りの青空教室、開催しました\(^o^)/

河川敷ではバルーンミーティングの気球が飛んでましたよ♪

今回で3回目の教室ですが、お陰様で毎回青空に恵まれております(*^^*)

参加メンバーは、ビビラートリオです(笑)

怖がりなのに、威張りん坊の小夏ちゃん。

本当に怖くてびくびくのマロンちゃん。

怖がりを返上しつつあるディラックくん。

マロンちゃんは前回のトレーニング時に、怖くて隠れてばかりで

写真が撮れなかった新入生さんです。


20161126205322a09.jpg

一緒にお散歩したり井戸端会議をしているうちに、少しずつ距離を

縮めることができたようです。

こういった時間をたっぷり取ってあげれば、犬見知りも徐々に解消されますよ。


11月27日(日)の青空教室は、雨予報なので中止とさせていただきます。

次回の青空教室は12月10日(土)の開催予定です。

奮ってご参加下さいね\(^o^)/ 

新入生の紹介です(*^^*)

今日は、ちょっと難しいお名前の新入生を紹介します♪


20161125194005a23.jpg


シェルティのディラックくんです。

物理学者の名前から拝借されたそうです。

う~ん、知恵比べで負けないように頑張りたいと思います\(^o^)/ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。