スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『飼いたい』と『飼える』

今日から動物愛護週間がスタートしました。

改正動物愛護法から1年が経ちましたが、皆さんはご存知ですか?

【家庭動物等を飼養しようとする者は、飼養に先立って、当該家庭動物等の生態、習 性及び生理に関する知識の習得に努めるとともに、将来にわたる飼養の可能性につい て、住宅環境及び家族構成の変化や飼養する動物の寿命等も考慮に入れ、慎重に判断 するなど、終生飼養の責務を果たす上で支障が生じないよう努めること。】

これは法律で定められていることです。

これから愛犬を迎えようとお考えの方、特に初めて犬を飼うという方は

しっかりと考えて選んで下さい。

「ペットショップで目が合った」とか「子供の頃から憧れていた」といった理由で

決めるのは少しお待ち下さい。

『飼いたい』と『飼える』は違うのです。

例えば、見た目だけでボーダーコリーのような活発な犬を選んだとしたら・・・

毎日十分な運動をさせられる時間、環境がありますか?

危険犬種に指定されている犬を選んだ場合・・・

何かあった時に制止させられる訓練ができますか?

大型犬で10~15年、小型犬は長くて20年近くまで生きる仔もいます。

予防接種、予防薬、医療費等に食餌代と終生飼育には最低でも

100万円以上かかります。

これから犬を迎えようという方は、ご自身の健康状態(病気やケガをした時にどうするか)や

経済状態、更にはもしも飼えなくなった場合のことも十分に考慮していただけたらと思います。



IMAG2651.jpg








スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。