スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

青空教室開催しました

今日の青空教室参加の、えくぼくんとあくびちゃん♪
えくぼくんは、ぐいぐい来るわんこが苦手。
あくびちゃんは、まだまだ怖いものがいっぱい❗
そんな子達はドッグランとかではなく、まずはご近所のわんこや
公園で出会うわんことコミュニケーションを取るようにしましょう。
そして、ゆったりとしたお散歩でストレスフリーを目指しましょう♪



 
スポンサーサイト

みんな同じじゃない!

犬のしつけで気をつけていただきたいこと・・・

それは各々個体差があるということ。

しつけで悩んでいる時に、犬友さんに相談というのはよくある話です。

「うちの子はこうやってしつけた」

「こうしなきゃダメ」

等々、いろいろとアドバイスされると思います。

しかし、それを鵜呑みにして同じことをするとかえって悪化させてしまうこともあります。

何故なら、その子に合ったやり方ではないから。

「犬の言いなりになってはダメ!」

ナンセンスです。

犬は人を従えようとはしません。

犬は犬だから。

種が異なるのに序列がありますか?

極端な例えをすれば、鳥に「私がボスだ」と教えますか?

犬が猫に「俺がボスだ」と教えますか?

隷属させるのではありません。

暮らしていく社会のルールを教えてあげるのです。

お互いに理解しあい、認めあってこそ共生は成り立つとふぁみりあは考えます。





 

協調する

協調する

お散歩の途中で、ワンちゃんがふと立ち止まって何かをジッと見つめて動かない時がありませんか?
ある場所のニオイをずっと嗅いで動かない時がありませんか?
そんな時、貴方はどうされますか?
「犬のペースに合わせてはいけない」というしつけ教室やしつけ本の通りにしていますか?
そうすると、ほとんどのワンちゃんは「待ってよ❗」と言わんばかりに踏ん張りませんか?
そんな時は一緒に立ち止まって、何が見えるの?何が気になるの?と寄り添ってみて下さい。
そして「はい」って合図をしてあげれば、すんなりと歩き出してくれるはずです。
お互いに共感、協調したお散歩は楽しく穏やかなものになりますよ。
一度試してみて下さい。



20171208192609bc8.jpg


2017120819260915d.jpg

 

保護犬出身のナギくん


保護犬出身のナギくん。

約2ヶ月ぶり2度目のトレーニングです。
おじさん柴犬のわりに落ち着きがなく、座って待つことができませんf(^_^;
気が散りやすいようですが、どうやら飼い主さんもそういうタイプだそう。

まずは飼い主さんとナギくん、どちらにも落ち着く境地から頑張ってもらいます。


 

散歩とは

散歩とは

散歩とは、気晴らしや健康などのために、ぶらぶらと歩くことである。散策やそぞろ歩きともいう。(Wikipedia)

皆さんは愛犬との『散歩』、できていますか?
排泄の為だけの散歩になっていませんか?
ちゃんと横につけて歩かなきゃ!って窮屈な散歩になっていませんか?
他の人や犬に会うと興奮するからと、それを避けるように散歩していませんか?

散歩は飼い主さんと愛犬の重要なコミュニケーションツールです。
充実した散歩ができれば信頼関係も築く事ができるし、情報を得たり馴致する事で
愛犬に自信を持たせる事ができ、本能を刺激する事でストレス発散にもなります。
運動させなきゃ❗と何時間も何キロもヘトヘトになるまで歩くのではなく、中身の濃い
散歩をしませんか?
それが穏やかで心豊かな共生の一番のポイントです。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。